スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
2012.06.06 Wednesday * | -
ソーイング用語集
よく使う用語を中心にピックアップしました。製作中、分からない言葉があったら参考にして下さい。


合印…2枚以上の布を縫い合わせる時、ずれを防ぐためにつける印。
あき…上着やスカートの脇など、脱ぎ着がしやすいようにあけられた切れ目のこと。装飾的な目的であけることも。
あきみせ…袖口の飾りあきのこと。袖口にひだ、またはダーツを浅く縫って深いきせをかけることによってその位置があいているように見えるあきのこと。ジャケット、コートの袖口に用いられる。
当たり…裏に返した折り代の端や、裏にはった接着芯など、裏の始末が表から見て分かってしまうこと。
粗いミシン…返し縫いをせず、大きな縫い目で縫うこと。ギャザーをよせる時に使います。
粗裁ち…縫い代を多くつけて裁断すること。部分的にタックやプリーツを入れる時に用いる。
案内線…作図用語で、カーブのあるデザイン線などを書きやすいように前もって入れておく線。
いせ…平面の布を立体的にするための技法。いせる部分を細かくぐし縫いして糸を軽く引き締め、アイロンで形作ります。
いせる…ギャザー、タックなどを用いずにある一定の個所に縮めこむこと。いせを入れるところを細かくぐし縫いし、湿り気を与えてアイロンで縮める。平らな布地を立体の体に合わせるための手法のひとつ。
糸ループ…タイタックとも言います。ボタンかけ、かぎホックかけ、ベルト通し、スカートやコートの表布と裏布の裾を留める場合に使う方法。鎖編みと穴かがりの方法があります。
打ち合わせ…打ち合いとも言います。左右の身頃が重なったあきのことで、主に前あきの重なりを言います。
裏打ち…表布の補強、あるいは張りや厚みをもたせるために表布の裏面に別布を当てること。
上前…衣服の前を重ねた時、上になる方の身頃のこと。⇒打ち合わせ。
追い込む…平面の布を立体的に形作る方法。いせ込むとも言います。
落としミシン…縫い代を割り、割れ目の間に表からかけるミシンステッチ。また、玉縁にした時のきわにかけるミシンステッチのこと。
折り代…裾や袖口などの折り返る部分。
折伏せ縫い…縫い代の一方を細く切り落とし、もう一方の縫い代で包んで表からミシンをかけること。


返し縫い…糸のほつれを防ぐために、縫い目の上をもう一度返して縫うこと。
かがる…断ち目がほつれないように、布端に縫い糸やしつけ糸を巻きつけていくこと。断ち目かがり、穴かがりなどがある。
片返し…縫い代を全部片方に倒すこと。
空アイロン…スチームをあてないでアイロンをかけること。ドライアイロンとも言います。
仮縫い…本縫いの前に出来上がりと同じようにしつけ糸で仮に縫うこと。
きせ…縫い目より少し奥で縫い代を片方に倒すこと。
切り替え…ヨークやスカートなど布をはぎ合わせる位置のこと。
切り開き…またはたんに型紙を切って開くこと。ギャザー、フレア、プリーツ分出す時に行う。
ぐし縫い…表裏の針目を揃えて、細かく(0,2cmくらいの針目で)縫う方法。
口布…切りポケットのポケット口につける布。


差し込み…型紙を逆向きに置いて無駄な生地が出ないようにすること。
直裁ち…型紙を使わずに、直接布に印をつけて裁断すること。
しつけ…本縫いをする前に、しつけ糸で仮に縫って固定すること。
地直し…裁断前に型崩れや寸法の狂いを防ぐため、布を整えること。
シャーリング…布に手縫い、またはミシン縫いでギャザーを寄せる方法。
印つけ…製作に必要な印を布につけること。
裾回り…裾の全周。
スリット…縦に細長く入れた割れ目のこと。あき部分での重なりがないのが普通。
正バイヤス、スコバイ…織物の90度の角度で交錯している縦糸と横糸に、45度の角度で交わる方向を正バイヤス、それ以外の角度で交わる方向をスコバイと言う。普通、バイヤスと言う時は正バイヤスのことを指す。
外表…2枚の布を重ねる時、表面が外側になるように裏面と裏面を合わせること。(逆の状態は中表)


裁ち合わせ…布が不足しないよう、、無駄のないように裁断するため、事前に布を広げて全部の型紙を配置してみること。
裁ち方図…布の無駄がでないように裁断するための、型紙の配置図のこと。
裁ち切り…布の端を切ったままの状態にしておくこと。
玉止め…手縫いの縫い終わりに糸がほどけないよう止める始末のこと。
玉縁…ポケット口などの縁を、別に裁断した細布(主にバイヤス布)で処理したもの。
玉結び…手縫いの縫い始めに糸が抜けないよう糸端に結び玉を作ること。
直線裁ち…直裁ちとも言います。パターンを使わずにできる直線だけで構成された衣服の裁断のこと。
共布…共ぎれとも言います。色、柄、材質が同じ布のこと。


中表…2枚の布を表が内側になるように重ねること。対語は外表。
並縫い…表裏3〜4mmの針目で縫う。仮縫いやしつけなどに使う技法。手縫いの中で最も一般的な針運び。
縫い代…縫い目の裏面に縫い込まれた部分のこと。
縫い代を始末する…布端がほつれないようにすること。
布目…地の目とも言います。布地の織り目のこと。
布目を通す…布地の縦の布目に合わせること。
ノッチ…合印を布につける際、布に2〜3mm程度切り込みを入れて印にすること。
伸ばす…布の伸びを利用して、アイロンなどで伸ばすこと。平らな布地を立体な体に合わせるための手法のひとつ。


バイヤス…布目に対して斜め45度に裁断すること。
パッチワーク…様々な柄布、素材、色、大きさ、形の小布を接ぎ合わせて、1枚の大きな布にする手芸技法のひとつ。
パフ…袖口などをふくらませる意味
パフ分…ふくらませる分量。
袋縫い…2枚の布を外表に縫った後裏に返し、裁ち目を中に包むようにして縫い合わせること。
フラップ…ポケット口につけるふた。雨ぶたとも言います。このふたがついたポケットをフラップポケット(雨ぶたポケット)と言います。
ベーシック…基礎、基本という意味。変化をつけたり、応用ができるシンプルな形のこと。
本縫い…仕上げるために縫うこと。


前下がり…婦人服身頃原型の背丈の基礎線から下がっている部分。
前立て…あきにつける細長い布のこと。あきを補強したり、装飾的な要素もあります。
股ぐり寸法…前ウエストラインから股下を通り、後ろウエストラインまでの寸法。
まち…衣服などの布幅の不足した部分に補い添える布。
マーキング…必要な布の使用量を見積もること。
見返し…衣服の前端、襟ぐり、袖ぐりなど、縫い返されて裏面になる部分に使われる布のこと。
身頃…胴部を包む衣服の部分。
持ち出し…あきの部分に作る下側の重ね分のこと。続け裁ちと別裁ちにする場合があります。
持ち出し…あきの部分に作る下側の重ね分のこと。


ゆとり…余裕があること。窮屈でないこと。衣服の場合は体を圧迫せず、楽で着やすいこと。
ゆるみ…ゆとりをもたせるための必要な分量のこと。
用尺…洋服を作るのに必要な布の量。
ヨーク…ジャケットやシャツの肩に入る切り替え布のこと。一般的には、単に切り替え線として、デザイン上の効果のために使われることが多いです。


ループ…布、糸、ひもなどで作った輪のこと。


わ(輪)…布を二つ折りにした折り目の部分。
輪裁ち…布地をわ(輪)にして裁断すること。


AH…Arm Hole(アームホール、袖ぐり)の略。


…Bust(バスト)の略。
BL…Bust Line(バストライン、胸囲線)の略。
BP…Bust Point(バストポイント、乳頭点)の略。
BPL…Bust Point Line(バストポイントライン、乳頭点を通る線)の略。
BNP…Back Neck Point(バックネックポイント、頸囲後ろ中心点)の略。


EL…Elbow Line(エルボーライン、肘線)の略。


FNP…Front Neck Point(フロントネックポイント、頸囲前中心点)の略。


…Hip(ヒップ、腰囲)の略。
HL…Hip Line(ヒップライン、腰囲線)の略。
HS…Head Size(ヘッドサイズ、頭回り寸法)の略。


L尺…洋裁用具の角尺のこと。形がアルファベットのLに似ているため、俗称エル尺と呼ばれている。


MH…Middle Hip(ミドルヒップ、中腰囲)の略。
MHL…Middle Hip Line(ミドルヒップライン、中腰囲線)の略。


SNP…Side Neck Point(サイドネックポイント、頸側点)の略。
SP…Shoulder Point(ショルダーポイント、肩先点)の略。


UB…Under Bust(アンダーバスト、乳下回り)の略。


…Waist(ウエスト、腹囲)の略。
WL…Waist Line(ウエストライン、腹囲線)の略。


◆その他、随時追加していきます。
------------------------------------------------------------------------------------
2011.11.24 Thursday * 09:35 | 手芸・洋裁用語
スポンサーサイト
2012.06.06 Wednesday * 09:35 | -
<< Ru・Ru- 目次 | main | ベビーサイズ表と採寸の仕方 >>